脱毛における硬毛化とは?メンズ脱毛は明石のJastill Hommeへ

脱毛における硬毛化とは?

硬毛化とは?

硬毛化とは?

 脱毛を考えている方、硬毛化とはご存知でしょうか?
 脱毛する上で必ず知っておいて頂きたい知識になります。
 脱毛とは本来、毛を抜いたり、細く産毛質にしていくことが目的ではありますが硬毛化とは逆に毛が太くなってしまう現象になります。
 脱毛しているのに毛が太くなっては全く意味ないですよね。では、なぜ硬毛化といった現象が起きてしまうのか詳しくご説明させて頂きます。

硬毛化には医学的根拠はない

硬毛化には医学的根拠はない

 では、なぜ硬毛化が起こるのかと言うと医学的にその原因は証明させておらずはっきりとは分からないのが現状です。
 ですが硬毛化が起きているのは事実です。では、なぜ起きるのか美容業界では「毛の質」「熱量」に原因があると考えています。レーザー脱毛や光脱毛は毛に含まれるメラニン色素に反応する特殊な光で毛にアプローチしていきます。
 そのため、太くしっかりとした毛には十分に熱量を伝える事が可能になり十分に効果を発揮することができますが細く、産毛質の毛はメラニン色素が薄いため十分に熱量を伝えることができません。 そのため微量の熱量が伝わることでそれが刺激となってしまい毛根組織を活性化させ毛が硬毛化すると言われています。
 特に家庭用の脱毛器はサロンやクリニックで扱う脱毛機より低出力なため、硬毛化が起きやすいとされています。

部位や体質により硬毛化部位は異なる

部位や体質により硬毛化部位は異なる

 では、どのような部位に硬毛化が見られるのかと言うと全ての部位に誰もが硬毛化が起きるのではなく起こりやすい部位があります。
 先ほどお話しさせて頂いた通りメラニン色素の薄い細く産毛質の毛が生えている部位に硬毛化は見られるため、例えば背中、肩、うなじ、脇腹などが硬毛化が起こりやすい部位とされています。
ですが、このようなリスクが存在してもその部位の毛が濃いため脱毛して綺麗になりたいと思われる方がほとんどだと思います。
 そのため、お客様の理想の仕上がりに近付けるよう硬毛化が起きやすい部位に関しては十分に打ち合わせをさせて頂きます。
予防法としまして硬毛化が起こる可能性のある部位には施術を行わない事が第1の予防法になりますが施術を行いもし硬毛化が起きた場合にも対処法はいくつかあります。
 例えば、脱毛期間を空けたり、熱量を変えるといった方法がありますので硬毛化についてしっかりとご相談、ご説明させて頂き最終的に決めていただければと思います。