脱毛中は日焼けに注意する必要があります。メンズ脱毛は明石のJastill Hommeへ

日焼けは厳禁

日焼けは厳禁

日焼けは厳禁

 メンズ脱毛をする際に日焼けをするのは厳禁な事はご存知でしょうか?
 脱毛期間中の注意事項として「日焼けは厳禁」とカウンセリング時にお伝えするサロン・クリニックがほとんどだと思います。
 ですが特に夏場は普通に生活しているだけでも日焼けをしてしまいます。女性の方は、日々日焼け止めなどを塗るといったケアをしている方が多くいますが男性の場合、ケアもせず無防備な状態で過ごしている方がほとんどだと思います。
 脱毛期間中に日焼けをしてしまうと施術をお受けできない場合があります。日焼けのせいで先延ばしになり、より長期間の施術が必要になっては時間がもったいないですよね。
 では、なぜ日焼けがダメなのか詳しく解説させて頂き、脱毛期間中の日焼けに対する対策をご説明させていただきます。

日焼けをしていると痛みが増す

日焼けをしていると痛みが増す

 光脱毛は、毛の黒色(メラニン色素)に反応させて施術をしていきます。ですが日焼けをしていると本来なら毛に反応しなければならない照射時の熱量が日焼けして黒くなった肌に反応してしまうため痛みをより強く感じてしまいます。

脱毛効率の低下


 日焼けをして肌が黒くなると本来なら毛に伝えるべき熱量が肌に伝わる事で毛に伝わる熱量が分散されるため日焼けをしていない方より毛に効率よく伝えられなくなります。
 日焼けをしていると痛みを強く感じるため普段の出力より弱めての施術になる事があるためその分脱毛効果も低下させてしまうことにも繋がります。

肌トラブルの要因に

肌トラブルの要因に

 日焼けをしている肌は乾燥状態になり、外からの刺激にかなり敏感になり肌のバリア機能も低下しています。
 その肌に、いくら低出力で施術を行っても少なからず肌に刺激を与えてしまいますので弱った肌では、火傷、毛嚢炎、色素沈着といった肌トラブルを引き起こす要因になりかねません。
 日焼けの程度が大きいほどリスクも大きくなってしまいます。

脱毛期間の日焼け対策

脱毛期間の日焼け対策

 日焼け止めを塗るなど日焼け対策が重要となってきます。
 特に紫外線が強くなる6月〜8月はかなり注意が必要になってきます。
 男性の方は、日焼け止めを塗る習慣がないためつい忘れがちですが外に出るときは忘れないで塗る事を心がけてください。その他の日焼け対策として、日傘をさす方法もあります。
 最近では、日傘男子といった通勤通学で日傘をさす男性も増えてきていますので日傘をさす事は恥ずかしい事ではなく、男性用の日傘も販売されるほど浸透してきています。

 このように日焼けをしてしまうと、脱毛期間中はもちろんですが脱毛しない場合にもデメリットが伴ってくるため脱毛期間中は特に日焼け対策を心がけるようにしてください。